202102/17
FREE FREE TALK

コロナ下でも生き残れる人にわたしはなりたい #フリフリ030

FREE FREE TALK
2021.02.17

コロナ下でも生き残れる人にわたしはなりたい #フリフリ030

※「フリーランスのフリートーク」とは、スタッフが独断と偏見と気分で綴るコラムです

こんにちは!髙栁です!
「ここで働かせてください!」とFL(弊社:「フリーランス」の略称です)の門を叩いてもう少しで半年になります。
ここまでの感想を一言で言うなら「今までの仕事って生ぬるかったんやな」です。

今までも一生懸命働いてきたつもりでしたが、やっぱり大きい企業だとジョブ型的な仕事になりがちでした。
小さい企業で働くということは幅広い知識とある程度の技術を持ち合わせないと回らないんだなと実感し、毎日が勉強の連続で、新しい情報や価値観のアップデートをしまくっています。
今回は、FLの人々はどういう想いで働いているのか、わたしがFLで働いて感じたことついて書いていきたいと思います。

●本気で社会課題を解決したいと思っている集団だった

ここに入ってまず思ったのは、本気で中小企業が直面している課題に対して解決策を必死に考えている集団だったこと。なんなら、何でもお金で解決して本質を見失っている会社とは別に付き合わなくていいよという尖りっぷりです。
「お客様は神様」「営業は数字とってきてなんぼ」精神で育ってきたわたしにとって斬新であると同時に、本当に困っているお客様を探し出すためのマーケティング、ブランディングはめちゃくちゃ勉強しないといけないと感じています。(そこらへんは毎日後藤にしごかれてます)

そして、「何かに依存せずに主体的にフリーランスという生き方を選択した人間」だけあって、公平中立な立場を維持するために代理店としての役割は絶対したくないという徹頭徹尾な考え方。

大きい企業の歯車の一部になっていると、会社の目指している方向なんて考えなくてもよかったし、目の前の売り上げや職場で波風立てないことだけ考えて、それが誰の何ためになっているのかなんて考えなくても生きていけたけれど、「一体自分は何のためにこの仕事をやっているのか」とずっと疑問に思っていたわたしにとっては、すごくいい環境に出会えたなと感じています。

●今後、雇われマインドを持っている人は淘汰される気がする

フリーランスに囲まれて仕事をしていると、社員の私でもフリーランスの気持ちで働いていることに気づきました。
読んでいる記事は恋愛系から経済系に、使うSNSもInstagramやTwitterからFacebookに変わりました。さらに、意見も雇用される側から経営寄りの視点になり、付き合う人も雇われる側の人よりも経営者が多くなっていきました。

そして思ったんです。雇われマインドは捨てなアカンって。
コロナで窮地に追い込まれている中、会社が削減できるのは人件費を含めたコスト。
今までは雇用調整助成金などでまだ補償されていたけど、もうそれも底をつきかけている。
もう企業は人を雇い続ける体力が残ってなくてピンチなのに、従業員側はなんだかんだ言ってうちの企業は大丈夫と思っているし、自分がクビになるかもしれないなんて微塵も思っていない。

余計なお世話かもしれないけれど、「仕事は言われたことだけやればいい」、「給料は会社からもらうもの」じゃなくて、仕事は自ら作り出し、お金は自ら稼ぐものという意識を持ち、自分の頭で考えて行動する。あわよくば経営側の視点に立った物事の見方をする。
雇われる側でこれができている人って本当に少ないと感じます。
わたしもこの会社入るまで気づかなかったし。

でも、これを意識するだけで世の中で起きていること全てが自分事になり、物の見方が変わりました。世の中の仕組みが分かることで、政府の人も頑張ってくれてるんだなぁと感じることができ、ワイドショーでの意見の方向でどの立場の人なのかなんとなく掴めるようになりました。

私もまだまだ修行中の身ですが、こういう社員が増えることで会社が育つんじゃないかなと。社長からしても、迷ったときや困ったときに確度の高い意見をくれる社員がいることは心強いし、なにより1人で大きな決断をしていかなければいけないプレッシャーや孤独感が少しは薄れるんじゃないのかなと思います。

●さらに自分の仕事に付加価値をつけていったほうがいい

でもわたしには仕事がたくさん降ってくるし、一生懸命頑張ってるもん!と思った方もいらっしゃるかもしれません。

では、その仕事の中の何割が創造力を発揮する仕事でしょうか?
今ではAIも出てきて、私たちが何時間もかけてやってきた事務作業も、ほんの何秒かで終わらせてくれる時代になりました。
そこで、人間の私たちに求められるのは単純作業としての労働力ではなく、0を1にする「創造力」だと思っています。

FLでは常にその創造力を求められる仕事だなと日々感じています。
最初は正直キツかったですが、筋トレと同じで段々慣れてきて、なんなら今は自分からもっと筋トレしたいとさえ思っています。ドMですねぇ。
でもなりたい姿や目標があるからこそ、筋トレを頑張れるのだと思います。

最後に、色々と思いの丈を述べましたが、結局はやるかやらないかだと思うので、とにかく手足を動かしてこれからもゴリゴリ頑張っていきたいと思います!(*’▽’)

© Freelance Inc.